ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くする

★自宅に居ながら歯を白くする方法は?

 

自宅で歯を白くする方法はあるのでしょうか?

 

歯科医院に行けば、その場で白くするオフィスホワイトニングや、家でコツコツ白くするホームホワイトニングなどの対処法がありますが、まったくの自力ですべて自宅で白くする方法というものを探している人は多いはず。

 

「虫歯もないのに歯医者には行きたくない・・・」
という人にも出来る、自宅での歯のケアについて調べてみましょう。

 

・ホワイトニング歯磨き粉

毎日歯を磨くのは、病気予防のためにも必ず必要なこと。だったらその時に使う歯磨き粉をホワイトニング効果のあるものにすれば、あまり苦労せずに歯を白くすることが出来るはず。

 

問題は、そのホワイトニング歯磨き粉が本当に効果を発揮してくれるかどうかという点のみ。

 

これはいろいろな商品があるのでなんとも言えませんが、良いものを使えばちゃんと効果はありますし、ツヤが出てキレイな歯になることが出来ます。ホームホワイトニングなどが一旦終わった後の状態維持にもとても良い方法です。

 

・マニキュアで塗る

一般のドラッグストアにも売っているものですが、歯にマニキュアを塗って白くするという方法があります。塗るのが難しいので、失敗すると歯がまだら模様になり、あまりキレイにはいきません。自分でうまく使いこなせるなら一番手っ取り早い方法かもしれません。

 

・研磨剤でこする

何度も行うと良くない方法ですが、シリコンゴムや研磨剤などで歯の表面を削る方法があります。歯に細かい傷がつくのであまりおすすめ出来ませんし、傷がつくと余計に飲食物から色が移って歯の色が悪くなるので、ホワイトニングとしては逆効果になってしまいます。

 

健康な歯の人がごくたまに使うくらいで、あまり躍起になってゴシゴシこすらないのであればさほど問題はありませんが、使い方には注意が必要です。

 

私たちが歯を白くしたいと願う時、一時的に白くなれば良いというわけではありませんよね。
その後に更に悪い状態が待っているのも困ります。

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

 

上記の歯を白くする方法の中でも、一番手軽にできて安全なのがホワイトニング歯磨き粉を使ったケア。ただ、ホワイトニング歯磨き粉、と言ってもかなりの数があります。

 

安くても効果がなければ意味がありませんし、だからと言って自分の予算をオーバーするようなものでは続きません。使いやすく、ちゃんと効果のあるホワイトニング歯磨き粉を選ぶコツをまとめてみましょう。

 

 

・医学的な裏付けのあるもの

まずは効果を得るために、気安めではなくきちんと医学的な裏付けのある製品を選ぶのが一番最初のポイントでしょう。そうした意味では薬用のものがベストです。

 

・配合成分をチェック

各メーカーとも主要な成分を打ち出していますが、その成分を見極める必要があります。

 

中には表面を削るだけでほんの一時的な乱反射光を利用して白く見せるようなものもあります。そうではなくて、しっかりステインを落として歯をコーティングしてくれるものを選ぶ必要があります。また、身体に安全性の確立されたものであるのは大前提。

 

口の中に入れるものですから、かなり気を遣うべきポイントです。

 

・使い方

薬剤がいくつもあったり、粉が飛散るようなものではかなり使い勝手が悪いですね。おすすめなのは液状のもので、口の中に隅々まで行き渡らせてブラッシングするのが効果的です。

 

・研磨剤の量

少なからず研磨剤が含まれるものがありますが、中にはまったく使用していないホワイトニング歯磨き粉もありますので、出来れば含まれないものを選んだほうが歯のエナメル質のためになります。歯には傷をつけずにステインだけを除去出来る研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉がベストですね。

 

・価格

続けるためには安いもの・・・と思うのはわかりますが、価格の安いものは昔ながらの研磨剤が大量に入っているような場合が多いです。

 

新しい成分はメーカーが独自に専門家と研究して、より良いものを目指して開発したものですから、やはり普通の歯磨き粉より割高になるのは致し方ありません。

 

なかなか手が出ない人もいると思いますが、インターネットで初回のお試し価格を実施しているメーカーもありますし、全額返金保障などを用意している優良メーカーもありますので、まずは納得がいくかどうか試してみるのが正解です。

ホワイトニング歯磨き粉の最新人気ランキング

再生医療から生まれた薬用ホワイトニング!

薬用PGホワイトニングProはポリリン酸を利用したホワイトニング剤。研磨剤も発泡剤も不使用なので歯を傷つける事がないので安心。いつものようにブラッシングするだけでタバコのヤニなどステインを除去して白い歯にしてくれる画期的な商品。口臭がブルガリアローズのいい臭いになるのもポイントです。

料金

通常(30g):7,350円(税込)
定期(30g):5,890円(税込)

ホワイトニング成分 ポリリン酸

歯の美白も!歯周病予防も!

薬用オーラパールは歯の黄ばみ除去、口臭対策、虫歯対策、歯周病対策など歯を白くするだけではなくトータルでケアする事ができる歯磨き粉。他の歯磨き粉と違い9つもの有効成分をふんだんに配合。定期コースなら電動歯ブラシまでついてくるのでかなりお得です。ホワイトニング重視の歯磨き粉を探している方に特にオススメ

料金

通常(75g):1,944円(税込)
定期(75g):1,836円(税込)

ホワイトニング成分 マクロゴール400、薬用ハイドロキシアパタイト

審美歯科でも採用!定番のホワイトニングジェル

薬用トゥースメディカルホワイトはホワイトニング成分であるウルトラメタリン酸EXを高濃度で配合したジェル。歯科医や芸能人も愛用している定番のホワイトニング剤です。研磨剤や発泡剤なども一切使用していません。審美歯科でも採用されていたりもする有名商品です。

料金

通常(25g):3,560円(税込)
定期(25g×2本):5,690円(税込)

ホワイトニング成分 ウルトラメタリン酸EX

自然由来成分100%のホワイトニングジェル!

Blanica(ブラニカ)はポリリン酸をベースにした自然由来成分100%で安全に使えるホワイトニングジェル。抗菌効果の高いマスティック樹液やビタミンE豊富なアルガンオイルで歯茎のケアもバッチリ。1日2プッシュを3回使っても約1ヶ月は持つのでコスパも結構良いです。

料金

通常(30g):2,916円(税込)

ホワイトニング成分 ポリリン酸

ポリリン酸&リンゴ酸でホワイトニング!

薬用パールホワイトProEXはポリリン酸やリンゴ酸やハイドロキシアパタイトなど歯を白くする成分をたっぷり配合したホワイトニング商品。リンゴ酸も入っているので長年の頑固な黄ばみを浮き上がらせて落としやすくしてくれるのがポイント。。値段は高めですが試す価値ありです。

料金

通常(30ml):8,400円(税込)
定期(30ml):3,240円(税込)

ホワイトニング成分 ポリリン酸、リンゴ酸、ハイドロキシアパタイト

歯の黄ばみを取る成分は何?

歯の黄ばみを取る成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

歯を白くするホワイトニング歯磨き粉には、各社がそれぞれ主成分となるものを配合していますが、きちんと科学的に色素を分解する成分なのであれば、どの製品でもある程度の効果を得ることは出来るでしょう。

 

 

・ポリリン酸

最近注目されている成分にポリリン酸があります。
ポリリン酸は体内にもともとある成分で、安全性の面でも高いことが利点ですね。

 

食品添加物などにも使用されているものなのですが、歯の表面についた着色汚れ=ステインを落とすチカラが強く、ホワイトニングに適しているのは短鎖分割ポリリン酸という成分です。

 

特に歯の表面のデコボコにとどまって、再び汚れが沈着するのを抑制してくれるのも嬉しいはたらきです。つまり、歯の表面のステインを落とし、その後歯をコーティングすることで、キレイな状態を長く保つことが出来るのです。

 

ポリリン酸配合のホワイトニング歯磨き粉

薬用PGホワイトニングPro
Blanica(ブラニカ)
薬用パールホワイトProEX

 

・ウルトラメタリン酸EX

メタリン酸は、上記のポリリン酸とリン酸を混合した物質で、歯磨き粉などにも配合されています。最近ではこのメタリン酸を更にパワーアップしたウルトラメタリン酸EXが開発されて、ポリリン酸の約3倍、メタリン酸ナトリウムの約5倍ものホワイトニング効果を得ることに成功したと言われています。

 

網状ウルトラメタリン酸がステインと歯の表面のエナメル質との間に入り込み、ステインを剥がしてコーティングするので、ステインの再付着も長期間防いでくれます。酸化した10円玉も輝かせてしまうほど効果が高いのに、人体に安全性が高いのであれば申し分ないですね。

 

メタリン酸配合のホワイトニング歯磨き粉

薬用トゥースメディカルホワイト

 

★民間療法はNG

 

レモンなど強い酸性のフルーツで磨くなどという民間療法もあるようですが、こうした強酸は歯を侵食して酸蝕症(さんしょくしょう)という怖い病気になってしまいます。

 

酸蝕症では歯の表面のエナメル質が溶かされてしまい、ギザギザとしたデコボコの表面に変わってしまいます。エナメル質は歯を守る大切なバリア層ですから、それが大きなダメージを受けてしまうことには注意が必要です。やはりきちんとした製品を使うことが重要なのです。